厳選!簡単にできちゃう青汁の飲み方ここで学んじゃおう

青汁と飲み物を混ぜる方法のメリット

青汁には、タイプがいくつかあります。

 

・粉末タイプ
・冷凍タイプ
・サプリメントタイプ

 

大きく分けると、このようなタイプに分けられます。最近では、ゼリータイプのようなものもあります。
自分に合ったタイプを選ぶことが必要となります。(摂取しやすさや生活パターンなどで決めましょう)
この中でも多いのは、粉末タイプです。このタイプの青汁は、摂取しやすいということが言えます。
水に混ぜて飲むという基本的な摂取方法から、牛乳や豆乳、ヨーグルトといったタイプ、100%ジュースに混ぜたり、粉末スープに入れたり、お菓子作りにこっそり混ぜるという使用方法もあるでしょう。
お菓子作りにこっそり混ぜるという方法は、子供さんの手作りお菓子でこのパターンを利用している人が多いようです。
粉末タイプで何かに混ぜるというときは、水などの液状のものと混ぜるという方法を利用するのが一般的です。
そのときに、水ですとミネラルウォーターにすれば、ミネラル成分が摂取できます。
牛乳にすれば、カルシウムを摂取することができますし、豆乳にすれば大豆イソフラボンやたんぱく質を摂取することができます。
混ぜるものによって、プラスアルファの部分を摂取することができるのです。

牛乳

青汁にプラスして、牛乳を混ぜるという場合、青汁に足りないと思われる成分を牛乳がカバーしてくれるというメリットがあります。
これは、青汁という成分の主な栄養素がビタミン、ミネラル、食物繊維という緑黄色野菜に多く含まれる栄養素であるということが言えます。
この青汁に含まれる原料で主なものは、ケール、大麦若葉、桑葉、明日葉、ゴーヤなどが主なので、これらの栄養素がおのずと青汁の栄養素となります。

 

●牛乳を推す理由
あらゆる青汁のメーカーのHPやレシピなどで見かける牛乳と混ぜるという方法は、牛乳の持つさまざまなメリットが生きています。
青汁の青臭さのようなものを消すには、味の濃い牛乳が適しているということはもちろんですが、それ以外にも牛乳の持つ栄養素に意味があります。
牛乳の栄養素として、カルシウムやカリウム、マグネシウム、リンなどのミネラル成分をはじめ、たんぱく質、ビタミンB2、ビタミンB12などの栄養素を含みます。
これ以外の栄養素も含まれますが、主なものはこのようになっています。
これらの栄養素は、青汁に含まれる栄養素とは被らないので、混ぜ合わせるのに適していると言えるでしょう。
ただ単純に、牛乳を混ぜると飲みやすいというだけではない理由がしっかりとあるのです。

豆乳

青汁と混ぜ合わせるものに、豆乳というものをよく見かけます。豆乳は、牛乳とは違う栄養素が含まれており、豆乳ならではの混ぜ合わせるメリットというものがあります。
牛乳が苦手という人や乳糖を上手く消化できない体質という人がいますが、豆乳もその独特の味わいをおいしいと思う人もいれば、苦手だと思う人がいるのも事実。
とはいえ、若い女性を中心に豆乳は人気のある飲料のひとつであり、あらゆる種類の豆乳が発売されているのです。
このあらゆる種類の中には、ちょっと・・・というようなものもありますが、中には大人気となっているものもあります。

 

●豆乳を推す理由
豆乳を推す理由のひとつに、牛乳と比べるとカロリーが低いということがあります。牛乳は100gあたり67kcalのカロリーとなりますが、豆乳は無調整の場合が46kcal、調整の場合が54kcalとなります。
カロリーそのものは、100gあたりで10kcal〜20kcalしか変わりませんが、これが毎日続くとなると結構な差が生まれます。
また、見逃せないのが豆乳に含まれるビタミンB1の量です。牛乳にもビタミンB1は含まれていますが、ビタミンB1は炭水化物を代謝させてくれる成分です。
いわゆる、ダイエット効果のある成分ということが言えますね。
豆乳が多くの女性に人気のある成分というのも納得でしょう。

 

青汁おすすめ比較ランキング【青汁、全部飲んでみた!】 

関連サイト集

http://xn--t8j4aa2g0d6107b88yc.com/・・・青汁の中でも粉末タイプの青汁をサイト編集部スタッフ6名と美容ライター4名の計10名で実際に飲んで、味、香り、粉の溶け具合、青汁感、美味しさなどを比較してランキング形式でご紹介します。青汁の種類、特徴、効果、栄養素、飲み方、アレンジ方法などもご紹介します。

粉末スープ

手軽にお湯さえあれば飲むことができるのが粉末スープのメリットです。コーンスープやポタージュスープと言った王道から、最近では激辛系のスープや具だくさんのスープと言ったものも販売されており、スープ選びの幅が広がります。日々、このようなものを飲む機会が多い人は、青汁も混ぜて飲んでみるのが良いのではないでしょうか。
そうすることにより、青汁を無理なく手軽に摂取することができますから、まさに一石二鳥というわけです。

 

●粉末スープに混ぜる点で気になること
多くの人が気になるのが、粉末スープはお湯で溶かして飲むものだから、青汁の成分が溶けてしまうのではないか?という点です。
そうなんです、この点は気になりますよね。
粉末スープに混ぜると手軽な反面、実際のところはどうなのでしょうか。

 

私たちの身体は冷たいものを摂取するよりか、温かいものを摂取する方が基本的には良いとされています。もちろん、やけどしてしまうような温度であれば話は別なのですが、温かいくらいであれば消化吸収も良くなるので、体内に成分を吸収しやすくなります。
一般的に、ビタミンCなどは熱に弱いとされていますが、熱くて飲めないという温度でなければさほどビタミンCは破壊されないとされています。
スープの温度くらいであれば、何ら問題は無いということになります。

 

青汁おすすめ比較ランキング【青汁、全部飲んでみた!】